携帯電話の方はココをクリック

うまく申し込みができません

どうしてもインターネットでお申し込みできない場合は郵送でもお申込いただけます。
下記の郵送申込よりお申込後1週間以内にお申込用紙が届きますので必要事項を記入の上返送して下さい。

ただし、お支払いは商品お届け時に郵便局員に現金でお支払いする『代引き』のみとなっております
郵送申込

自分以外の名前でもお守りを作れますか?

はい、可能です。
ご家族や友人、恋人など他の方へのプレゼントや共同購入も可能です。

名前を入れたくない場合

はい、可能です。
名前を入れなくても問題ございません。

名前以外で作れますか?

はい、作れます。
イニシャル、愛称、ニックネーム、旧姓、ひらがな、カタカナ、通称名、芸名、源氏名でも大丈夫です。
但し、旧字体では作れません。
その場合には新字体でお作りになられても問題ございません。

他のお守りと一緒に持っても大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。
その他複数の本お守りを一緒にお持ちになられても構いません。

今年も残り少なくなった場合の干支は?

秋ぐらいまででしたら是非今年のお守りをお持ち下さい。
来年のお守りを買うまでに運気を高めておくと翌年の運気がさらに高まります!
今年の残りが1~2ケ月程度の場合は来年の干支でお守りをお作り下さい。
その頃には来年度の申込受付を開始しております。

どのくらいでご利益(ごりやく)がありますか?

体験談は事実ですが全ての方にご利益があるとは限りません。
中には1ヶ月以内にで御利益があった方もおられます。

詐欺ではありません!

『必ずしも全ての方に体験談と同様な事象が起きるとは限りません』と明示して販売しておりますので詐欺ではございません。
重ねて申し上げて恐縮ですが、体験談は全てご購入者様の体験談です。

お守りに他の人の名前を入れて欲しい

お申込フォーム中にて記入欄がございます。

本人が持てない場合

例えば、単身赴任している夫の名前のお守りを夫自身が事情により持てない場合には妻が夫の名前のお守りを持つ事により夫へのご利益(ごりやく)を期待できます。

一度に複数枚購入したいのですが可能ですか?

はい可能です。

郵便局止めは可能ですか?

いいえ、できません。
ただし、初回配達時にご不在だと郵便局窓口にてお受け取りになることができます。

受け取る時間がなかなかない

その場合には、商品が届く頃に不在にして頂ければポストに『ご不在連絡票』が入っております。
その『ご不在連絡票』の案内に従い手続きをすることによってご希望の日にち、時間帯、お届け先を指定できるほかに郵便局でのお受け取りをする事が可能になります。

申込をしたが折り返しメールが来ない

1時間経過してもご注文確認のメールが届かない場合には、メールアドレスが間違っているか、受信設定でパソコンからのメールが届かない設定となっております。
しかし、お申込作業最後の画面で『申込完了』と表示されていればメールが届いていなくてもに正常にお申込は完了しております。下記までお振込み下されば商品をお送りいたします。
『申込完了』が表示されていない場合はお申込は完了しておりませんので再度お申込フォームよりお申込下さい。

どのようにして届けられるのでしょうか?

弊社名とあなたの宛名のみを表示した角2封筒(A4より一回り大きいサイズ)で茶色無地の一般封筒を書留郵便又は代引き郵便にてお送り致しますし、外装にお守りに関する表示はされておりません。

【イメージ】


梱包(表)



梱包(裏)

お守りに期限はございますでしょうか?

初詣や他のお守りと同様、1年に1度その年の干支が記された新しいお守をお持ちになるのが目安です。

古くなったお守りは?

1年に一度その年の干支が入った新しいお守りをお持ちになるのがご利益(ごりやく)の秘けつです。
ご利益を感じたときはそのお守りに感謝する意味を込めてお守りはそのまま大切に保管していただくことで更なるご利益(ごりやく)を得るための『縁起物』となります。
増えるほど徳の高い縁起物となります。
そして新しいお守りをお持ち下さい。
またゴミ箱に捨てるような粗末な扱いは絶対にしないで下さい。

お守りはどのように持っていれば良いのでしょうか?

基本的にあなたが良く目につく場所や財布の中に入れて下さい。
但し、お尻の下にならないようにして下さい(ズボンの後ろポケットに入れたり)
例) 財布、名刺入、免許証入れ、玄関、床の間、車の中、机の上、宝くじと一緒に等

また、年が明ける前に来年のお守りがお手元にある場合は、粗末にならないよう保管して元旦からお持ちになられても良いし、年明け前にお持ちになられても構いません。

お参り方法

特に決まったおまいり方法はございません

ご利益を感じたら?

ご利益を感じたときはそのお守りに感謝する意味を込めてお守りは神社やお寺の古札納所(こさつおさめしょ)または納札所へお賽銭を添えてお納めして下さい。
その際、お名前が分からぬよう封筒などに入れることをお勧めいたします。
また、近くにお寺や神社がない場合は火事にならぬよう耐火性のある容器などを用いて安全な方法によりご自身にて燃やしても構いません。
一番のおすすめは、そのまま大切に保管していただくことです。それにより更なるご利益(ごりやく)を得るための『縁起物』となります。
増えるほど徳の高い縁起物となります。
そして新しいお守りをお持ち下さい。

お守りが反っています

ラミネートフィルムの品質差、作成時の気温や湿度によりどうしても反る場合がございます。これは、お作りする過程で避けることができませんのでどうかご了承の程お願い申し上げます。