【お客様の声】
[以下原文のまま]

以前お世話になりました○○と申します。 今回邦久様のホームページを拝見させていただいていたところ体験談受付がございましたのでメールさせていただきました。 私と同じように邦久様のお守りでご利益(ごりやく)を受けておられる方が沢山おられるのですね。 私もその中の一人なので思い切って体験談を書かせて頂こうと一念発起いたしました。 私がお守りを戴いたのは今からちょうど2年前で平成20年の初頭でした。 その頃はまだホームページでの販売をされておらず、今で言う婚活していた私は身内の紹介でお守りを頂戴致しましたがその頃は誠に失礼な言い方ですが気休め程度にしか思いませんでした。 30歳に彼女と別れ以降その当時(35歳)までは多くのコンパ、お見合いパーティーや友達の紹介までおよそ100名以上はいただろうと思われる多くの女性と会うことは出来ていました。 しかし全くできませんでした。 年齢的に恋愛してから結婚まで時間をかけられない年齢に強い焦りを感じていた日々だったのを覚えています。 挙句の果てには周りの人から『そんなにコンパばかりして何で彼女すらできないの?』『彼女作る気あるの?』『結婚する気あるの?』など散々言われ始末です。 そして、お守りを戴いてからいつもどおりコンパに行く日々の中、女性友達の紹介でAさん、知人の紹介でBさん、お見合いパーティーでCさんという女性と出逢いました。 Aさんは8歳年下でかなりの美貌の持ち主で20歳ころは芸能事務所にもスカウトされた程で何度か食事をしましたがその年齢でも周りの男性からの視線が強く一緒にいる私が恥ずかしい程でした。 Bさんも綺麗系の顔立ちで11歳年下でした。 Cさん可愛いくて8歳年下でしたがお見合いパーティー遅刻し、無愛想だったのCさんに対する第一印象は最悪でした。 フリートーク中の席替えで隣に座りましたが当たり障りの無い会話でその時間を乗り切ろう思っていたほどCさんにたいする印象は悪かったのです。 ですが、何故か彼女からメールアドレスを聞かれ交換しパーティー終了後にすぐCさんからメールが来たのです。 それから後日食事に行きましたが私の心の中では『1回食事したら会うのはやめよう』を決めて会いました。 しかし翌日彼女からメールが来てまた食事の約束をしてしまいました。 こうなったら何度か食事して彼女のことを知ろうと思い、以降も何度も食事しにいきました。 その内に本当の彼女を知り彼女に対する印象は好印象になり出逢って半年後に交際を始め、今ではお互いに結婚を意識するようになりました。 後から知ったのですがAさんは二股をかけていたらしく、Bさんは私と会っている時とは別人のように周りの評判が悪くあまりよろしくない方と親交もあったようです。 今思えばAさん、Bさんのような美貌という誘惑を除けながらCさんと交際できたことはかなり良かったと思ってます。 普段の私なら迷い無くAさんやBさんにアタックしていただろうと思います。
最後になりましたがお守りのおかげだと思い感謝いたしております。
本当にありがとうございました。

○○県○○市中央区○○ ○○
M.A. 平成22年4月13日







〜手紙原文〜
金運アップのお守り




購入ページへ

©
開運書家 邦久 このサイトに掲載の作品・写真・文章等の無断転載・転用・引用・複写・複製行為を禁じます。     戻る